治療で行き詰った時に読んで欲しい記事

【IgEとTarc】血液検査の重要性、成人型アトピーに医師の診断は必須

 

本日は血液検査について!

成人型アトピーさんって、発症の原因解明のため、最初はまず血液検査ですよね。私も病院いくたびに検査されて、

「そんなに変わるもんじゃないでしょ。。」

なんて思ってました。しかも検査自体安くないですし。

しかーし、実は定期的な検査が大切ということを入院中に知りました。

変化するんですよー!数値って!!!

そして、それに合わせて治療法や日常生活を臨機応変に変えていく必要があります。

TARC( アトピー性皮膚炎の重症度の評価)とは?

私は、アトピー専門病院で初めて知ったのですが、アトピー性皮膚炎の重症度をはかる血液検査があります。その名もTARC

治癒が慢性化した人にあるあるだと思いますが、

「自分はそんなにひどくないはず・・」
「私って悪化してるの?良くなってるの?」

とそもそもの自分の症状を疑いだすことがあります。

結局私は、自然療法に取り組んでる病院に入院したのですが、そこでTARC検査を受けてやっと自分の状態を受け入れれました。

入院を決断するほどの状態なのに私はまだ「 入院するほどかな?」と迷ってたんです。あり得ない~

血液検査の結果を見て、

「私って成人型アトピーの重症患者なんですね・・・」

と肩を落とす私に、先生は「そうじゃないとここにこないでしょ。。」と。

はい、おっしゃる通りですw

 

TARCは炎症度合いを測る数値なので、自分のアトピー重症度を私のように見失ってきた方にはおすすめします。

長く闘病すると、自分の肌荒れもみなれるし、回復してるのか、悪化してるのか、わからなくなることもあるので、定期検査をおすすめします。

関連記事アトピーが何をしてもならない時のチェックリスト 

成人型アトピーさんのアレルギー(IgE)は変化する?

定期検査をおすすめする理由、それは、変化するからです。

TARCに関しては、成人型アトピーが治るにつれて数値が減っていくのは当然ですが、IgE(標準値170以下)も変化します。アレルギーって治るんですよー!

これは私の主観ですが、 腸や血液の状態とリンクしてると思います。

成人型アトピー発症前に軽い花粉症を発症してたのですが、アトピー治療の二次副産物として、花粉症も治りました。

現在、黄砂のひどい時期でもアレルギー症状はありません。

  • 血液をさらさらにする
  • 腸内環境正常化

この2点で、今ではアレルギーを日常で意識することのないレベルまでなくなりました。

関連記事アトピーと悪血、水溶性ケイ素の力を知らないと損!

関連記事アトピーでだけでなく花粉症も克服した乳酸菌との出会い

成人型アトピーの原因を「ストレス」にしない

私自身も治らない理由を「 ストレス」のせいにしてた時期がありました。

色んな病院にいって、色んな治療法を試してだめだと、「もしかして、ストレスが原因??」と思ってしまう。

夫がストレス、子育てがストレス、仕事がストレス、、

成人型アトピーが治らない原因を「ストレス」のせいにすると、今まで取り組んできたにも関わらず結果がでないことへの「 許し」が得られる気持ちにまでなるんですよね。。

 

確かに、アトピーは寝れないし、24時間痒いし、先も見えないし、でも死ぬ病気ではないので、

「これいつまで続くの?」
「どうすればいいの?」

と日に日に追い詰められます。

ストレスだって半端ないです。

私も闘病中、「死ねる病気だったらよかったのに。。」と思ったことが何度もありました。

 

でもストレスってみーんなあります。

アトピーでない人がみんなストレスがないか、そんな訳がない。

例えば、アレルギー値・IgEが1000超えてるにも関わらず、「私の原因はストレス」と思いこんで肝心のアレルギーケアをしなかったら治るでしょうか。

大切なのは、なぜストレスがたまると、肌にかゆみになって表れるか、です。

まとめ

血液検査は成人型アトピー克服にとても重要なデータです。

わかってるし!」なんて思わず、定期検査を受け、もし結果に繋がってなければ、体質改善のアプローチを見直しましょう。

※郵送で確認できるキットも販売されてるので、病院が苦手な方でも検査可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です