【超簡単】まず最初に取り組むべきこと

成人型アトピーは病院に「行かない」だけが選択肢じゃない

今日は 病院選びのお話。
とても苦労してる方が多いのではないでしょうか。

私も思い出したくないくらい~想い出が濃いです。。。

病院ジプシー歴

  • STEP.1
    最初に行った病院は家から徒歩5分の皮膚科
    首の湿疹が始まりだったので処方はステロイドのみ→すぐ治るがさらに広がって再発(涙)
  • STEP.2
    脱ステで有名な病院に行ってみた
    ステロイドはどうやら常用するのはよくないらしいと知り、脱ステで有名な病院に行ってみる。家から電車を乗り継ぎ1時間半。 待ち時間2時間!診察10分!でも初めてナチュラルそうなクリームを貰えた(亜鉛化軟膏とかだったかな・・)
  • STEP.3
    再び別の有名な病院に行ってみる
    家から電車を乗り継ぎ2時間。比較的空いていて待ち時間30分。ビタミン注射を受ける。

以下5件くらい似たような診察が続く・・・

しかし治らない。。ちーん。

成人型アトピーの私にぴったりな皮膚科とは

最終的に落ち着いた病院は2件あるのですが、私はネットで見つけました。

色々病院ジプシーした結果、自分にとって一番ベターな病院がどんな治療法かがわかったので見つけれた、という感じです。

やっぱり、人間って経験や失敗から学ぶのが一番てっとり早いですね。

そんなこんなで私が、最終的に決めた病院はこちらの2件です。

<1件目>困ったときに駆け込める近所の病院

  • 実家近くで家族に車で送ってもらえる
  • 脱ステに理解があり
  • 西洋医学の薬も希望すれば処方してくれる

この頃はカオスの中にいました。

色々試してるのに全然結果がでない焦り。

しかしながら体質を変えないといつまでたっても治らないという自覚は芽生えてましたし、このままではやばいなと危険信号を感じ取ってました。

脱ステを知ったばかりの時は、とにかく薬って怖いんだ!と思い込んでたのですが、 合併症がでた時や、眠れず体力が持たない状態が続く時には、西洋医学の力を借りることで逆に体の負担が減ることも経験から少しづつ学びました。

例えば、状態があまりに悪化した際は「抗アレルギー薬」にかなり助けられましたね。

あと、睡眠薬も軽めのをお守り代わりに処方してもらってました。

関連記事私が睡眠薬に手を出した理由

眠れないんですよね、、アトピーって^^; これがまた治癒を遅らせるんです。。

関連記事眠れない夜のストレスを減らす3つの方法

<2件目>アトピーを体質から治すための病院

  • 長期療養型で自然療法でアトピーを治る方針の病院
  • 医師は西洋医学なので、感染症等の重篤な状態な時は必要な処置をしてくれる

根本的な治癒を望んでいたので、時間はかかってもいいので、自然療法をメインしている病院での入院治療を選択しました。

ただし、民間療法には何度か痛い目にあっていたので、医師が経営してる病院を選びました。このことは今考えてもとてもよい選択だったと言えます。

結局この病院のおかげで、するする~っと治ったんです。

関連記事ついに入院、バチルス入浴療法(マコモ風呂

成人型アトピー患者に大切なのはバランス

食べ物もですが、バランスが大切!

東洋医学・自然療法・民間療法・西洋医学、、全部いい処があるから、自分の性格、体質にあったものをチョイスするのがいいと思います。

私の場合、それに気づくには自分で失敗して納得するにかなかった。賢者は歴史から、愚者は経験から学ぶといいますが、ほんとその通りで痛いめにあわないと気付けなかったです。

そして、やるならちゃんと先生の指示通りにしましょう。慢性化してる場合、自己流が治癒を遅らせてる可能性大です。

脱ステに理解がある病院

ナチュラルクリニック21

蔡内科皮膚科クリニック

藤澤皮膚科

芝皮フ科クリニック

淀川キリスト教病院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です