治療で行き詰った時に読んで欲しい記事

アトピーで有名な豊富温泉に行ってきた!その効果と注意点とは

今日は湯治で有名な豊富温泉について書きたいと思います。
行ったのは2014年と2016年です。

アトピーはすでに治ってる状態で行ったのですが、アトピーの闇の中にいる時、最終手段でいこうと思っていた温泉なので、到着した時とても感慨深かったです。

豊富温泉とは?

北海道の最北にある温泉です。

油風呂」とも呼ばれることもある特徴的な湯が特徴で、実際湯船につかると、石油のような膜が張ってます。

アトピーや乾癬にきくと口コミで広がり、現在は有名な湯治温泉になりました。

場所が場所なだけに、「最後の砦」として考えてる方も多い温泉です。それくらい効くことで有名です。

行き方

飛行機レンタカーで移動しました。

  1. 羽田空港→稚内空港 稚内泊
  2. 翌日、稚内→豊富温泉へレンタカーで移動

東京からだとかなりの移動距離になるので1日で移動するのってかなり大変です。

ぽぽ

アトピーの方は免疫が落ちてますので無理のない移動をおすすめします。

到着してすぐに ヘルペスを発症するパターンをお聞きしました。

泊まったホテル

2014年、2016年ともに「ホテル豊冨」に宿泊しました。
受付の方の朴訥とした対応も、温泉の広さも、湯質も、全て私にはぴったりのホテルでした。

ぽぽ

温泉はいつもガラガラで、何度も広い空間を一人占め!

宿泊客は一杯いるのですが(団体客が多い)、みなさん湯治目的ではなさそうで、さらっと入ってさらっと出ていくので、少し小さめの源泉風呂が混んで気を使う、なんてことは皆無でした。

あまりに気持ちよくて私は朝と夜と夜中の3回入ってた位。

注意
※2016年に行った時は「夜中」は利用できなかったので入浴可能時間帯は事前にご確認ください

洋室と和室の双方にとまったのですが、洋室がおすすめかな

書きながらまた行きたくなってきました。
今年も夏にいこうかなぁ。

※じゃらんの航空券+ホテルのセット予約が一番お得でした。

豊富温泉のホテル一覧

じゃらんnet

湯治のメイン処・ふれあいセンター

ホテル豊冨の目と鼻の先になるのが ふれあいセンター

ここが湯治滞在者が一番多く通ってると思います。
湯治専用のお風呂と一般のお風呂がわかれてるので、症状がきつい方も人目を気にせず利用できます。

お湯の温度が結構高めだったので長湯は無理でしたが、広くて、清潔で居心地ばっちり!

アトピーの方もたくさんいらっしゃいましたが、無理にコミュニケーションをとるわけでもなく、長期滞在者同士、顔見知りになると挨拶したり、食事を一緒にしたり、してるようでした。

私の泊まっていたホテル豊冨のレストランに連れだってお食事にきてる方がたもいましたね。

おすすめが2階にある休憩所

マンガが大量にあるので、畳の上でみなさん寝転がって読んでました。
しかもお水まで用意してくれてるので最高の空間!

私は毎年夏にいってるので、湯上りののぼせた体を畳みの上で休ませながら、マンガを読んで、田舎の水を飲んで~と、休暇の最高峰のような過ごし方をしてました。

現地の様子

すごく田舎です!
想像の上をいく田舎でした。

というと失礼に聞こえるかもしれませんが、田舎ってこんなに空気がきれいで静かでゆったりしてるんだ、、、とショックでした。

だって、アトピーで有名な温泉なのに、地元の方はその効果を最初しらなかったんです(やけどに効くと言われてたそうです)。
なぜなら、寝たきりになるようなアトピーさんがいないからです。

あらためてアトピーって現代病なんだなぁと。
人間が便利さをもとめすぎたあまりに自然な生活からかけ離れてしまったんでしょうね。

何かしてないと落ち着かない人には最初はどうやって過ごせばいいのか困るかもしれませんが、数日経つと慣れますよ。

それくらい頭のねじを緩めてあげてほしいな。

入場料無料のトナカイ牧場

ちなに私は、トナカイ牧場に餌をあげに行ったりしてました。

ほんと、ただ餌をあげるだけなのですが、癒されます。

ぽぽ

経営が心配になる位、ずっと入場料無料w

豊富温泉の欠点

帰宅すると悪化した、、という声をよく聞きます。

これは豊富温泉に限らず、転地療法に共通する悩みです。

ぽぽ

私も実家に帰ると治って、自宅に戻ると悪化を繰り返してました。

闘病中に知り合った方が、あまりのアトピーの辛さに行ったのですが、帰宅してわずか1週間で再悪化されてました。

豊富温泉へいくかを迷われる方のほとんどがこの点を悩むのではないでしょうか?

もちろん、例えわずか1週間だったとしても体の痛みから解放されることに、価値は十分あります。

治る可能性」を見いだせることで、希望にもなります。

しかしながら、再悪化を繰り替えすと辛い。。。

治療が長引いてる方ほど繰り返す「再発」ほど辛いものはありません。

そのための労力が大きければなおさらです。

私が、アトピーが一番ひどかった時期に、豊冨温泉にいかなかった理由はココにありました。

結果、自宅でも継続療養できるナチュラルクリニック21の「バチルス療法」にしたのですが、もし同じような不安を抱えてる方は、豊富温泉と合わせてご参考ください。

【成人型アトピー】ナチュラルクリニック21のバチルス療法まとめ

 

豊富温泉公式サイト

私がアトピーの闇の中にいるときはまだそこまで情報がなかったのですが(個人のブログの情報が頼りでした)

2017年現在、素敵な公式サイトまで出来てるー!

地元としても、日本全国の多くの皆様から「私達の砦である温泉を大事にして下さい。」との切実な声を真剣に受け止め、平成26年を豊富温泉再生元年と位置づけて「療養型温泉」として明確に目標を設定し、官民のコラボレーションで段階的ではありますが整備を進める予定をしておりますので、皆様方と共にある温泉としてお気軽にご利用いただきますよう心からお待ちしております。

豊富温泉公式サイト豊富町長からの挨拶

アトピーの効能に惚れて、「移住」されてる方が増えており、このような活動に繋がっていってるそうです。

町おこしにまで繋がるなんてすごい!!!

温泉だけでなく、実際湯治してる方のインタビューや、求人情報等も載ってるので、興味がある方は是非見てみてください!

▼書籍も販売されてます。

少しでもお得に豊富温泉へいく

行く気になったら取りあえず 予算をチェックです。

便数の少ない豊富に行くには「じゃらん」が一番お得でしたよん♪

ホテル・宿予約サイト「じゃらんnet」

また来年の夏にでも行こうかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です