重症化&入院までした成人型アトピーとさよならして5年経過しました。治癒にとって必要だったことを1日1記事UPしてます。

成人型アトピー完治計画

アトピーの炎症別対処法まとめ、大切なのは殺菌でなく整菌。

投稿日:2017年6月5日 更新日:

アトピーの炎症別対処法まとめ、大切なのは殺菌でなく整菌。

スキンケア一つとってもアトピーの状態によって有効な対処がかなり違いました。私の体験談と効果的だった対処法についてまとめてます。

私のアトピー治療の原則は

  • 最大免疫である腸の正常化
  • 痒みの原因である悪血(酸性に傾いたどろどろ血液)をアルカリに傾けサラサラにする

この二つを目的としています。

炎症期

  • 肌が真っ赤にただれ、汁がでる
  • 飛び火するように体全体に炎症が広がる
  • 取り組んだことが結果に繋がるまでに時間がかかる
  • 体臭がきつい

腎臓で処理しきれなかった 老廃物が血液を通して 全身巡り皮膚から排出してる時ですから、外側から押さえつけるのではなく、出し切れるだけ出す。

ポイントは消化器・腎臓・肝臓に負担をかけない生活をすること。

対処法

食事

メンタル

合併症対策

その他

私のケース

私は、見事にリンパ節の集まってる個所は炎症が激しく(悪血はリンパの発達した所に溜まる)、戦ってくれてるんだな~私の体、、なんて当時は思えませんでしたがw

今思うと、長い時間かけて負担をかけていた体には本当に悪いことをしました。

腰にある腎臓の箇所の皮膚が真っ黒になったのもこの時期です。

THEデトックス。

ステロイド歴が長い人ほど、内側で抑えられていた分この炎症が激しく、そして繰り返し起きやすいと思います。

消炎期

 

  • 炎症が落ち着き、皮膚がカラカラ・カサカサ状態。
  • 常在菌のバランスが整っておらず、ちょっとした刺激で痒みがでる。
  • 少しは眠れるようになる。

この時期は、死んでしまった表皮が重なりあってる時期で、肌は不安定そのもの。

→掻いてしまうと、下にある新しい皮膚まで傷つけてしまう

→新しい皮膚が育たず、外からの刺激にまた痒くなる

→炎症の繰り返し。

対処法を間違うと、THE エンドレス。

対処法

myウォークマットちゃん♡
(昨年、市川海老蔵さんのブログでもご自宅に置いてあるのを拝見しました。)

足裏にある全身の臓器の反射区(神経の束のようなもの)を刺激することで頑張ってくれた臓器の疲れをとります。
この時期に汗をかくとまだ辛いので(掻いてしまう)、この程度の運動がベターです

溜まっていたものが流れだすと、体全体のむくみがとれます。
特に足の甲が分厚い人は、下半身リンパが滞ってる可能性大。

運動不足が気になる方にもおすすめ。
ちなみに今でも継続してます。

関連記事再発させないために続けてること

私の経験談

私はこの期間がとーーーっても長かったんです。
以前の記事で書きましたが、肌の触り癖を治せなくて、大変でしたがバチルス入浴で皮膚の常在菌が整ったことで一気に改善しました。

関連記事バチルス入浴療法で入院

当時イソジンで黄色ぶどう球菌を殺菌する方法、みたいなのが流行ってた?のですが、あの方法って、結局は肌に必要な菌も殺してるんですよね^^;
なので一時的にかゆみを抑える方法としては有効ですが、根治療法としては、殺菌することが大切なのではなくて、整えることが大切だと思ってます。

殺菌でも保湿でもなく、「整菌」。

関連記事【アトピー】洗う?洗わない?|シャンプーおすすめ人気ランキング

回復期

  • 皮膚の不安定感がなくなりぐんぐん回復しはじめる
  • 人と会ったり、ちょっと遠出してみたり、人間活動に戻り始める
  • 皮膚のターン―オーバーが正常に戻りきってないので、肌に古い角質が溜まりやすくなる

ポイントは、酸性に傾きがちな体を、外側と内側の双方からアルカリ性で中和することでバランスを取っていくこと。

対処法

あと、私自身の体質によるのもなのですが、

  • 色素沈着
  • 吹き出物

がひどかったので、それぞれ効果があった対処法をまとめています。
同じ悩みがある方の参考になればいいな。

関連記事【ケイ素】吹き出物が半年悩んで一晩で治った件|アトピー敏感肌

関連記事【1日10分】深いシワ&色素沈着でパンダになった私を救ってくれた美容法

ちなみにヨガは5年経過した今でも続けてます♪

まとめ

今まで紹介したものも総まとめ?みたな感じになりましたが、以上が私なりの対処法です。
治療当初は目隠しをして走ってるような状態だったのですが、完治から5年経過した今となっては、パズルのピースを一つづつ組み合わせいくような作業だったんだなぁと。

決してこれが正解と言いたいわけでなく、ある患者の一例として参考にしてもらたらと思います。
今は、自由に旅行へ行き、旅行先では温泉に入り、据え置きのシャンプーでかぶれることもなく、ジムのプール通いもできるようになりました♡

ケイ素umoを一押してますが、取り入れやすさと(青汁と違って味がない)、コストが魅力で今も継続できてるのです。

公式HPでは 500mlサイズで8ヵ月・1日87円で計算してますが、 私は2倍の160円強くらいかかってるかな、スキンケアでも使用してるので。

外出時に1本買うお茶と一緒の値段なので、安い位と思ってます。
スキンケアもこのスプレー1本のみなので、旅行の荷物も少なくて友人に驚かれます。

どんだけ保湿しても肌がぼろぼろだったあの頃を思うと、夢のようですが、これだけ人間の体って変わるんだなぁと不思議な気持ちにもなります。

人間は口から入れた食べ物から体を作り、75%を便でデトックス。皮膚から吸収した毒は90%が体内に残る。

今でもこの原則を大切にして生活してます。

合わせて読みたい記事


スポンサーリンク

関連記事

【成人型アトピーが治らない時】完治までの道のりを時系列で症状と対処法をまとめてみた

時には泣いて暴れ、物に八つ当たりしながらw、試行錯誤した完治までの経緯を時系列にまとめました。 成人型アトピー完治のために、必須だったと思う項目のみピックアップしてます。 「○○したけど、治りませんで …