何をしても治らない時読んでほしい

『リーキーガットの対策は何かされてましたか?』

アトピーの人は腸が漏れてると聞きました。僕自身も自覚があります。

ぽぽさんは腸内環境をとても重視されてますが、リーキーガットの症状があったのでしょうか?何か対策をされていましたか?

リーキーガットという言葉も随分認知されるようになりましたよね。

アトピーさんは知っておいて損のない知識だと思います。

リーキーガットとは

腸に穴が開いた状態で様々な未消化の食べ物や細菌が血液に流れ出し、それらが全身に回ることで慢性炎症の原因になる状態のことです。

私は、お馴染みの藤田医師の著書で勉強しました。

amazonレビューは★★★★★4.7

とりあえず!みんな読んで欲しい本です!とても分かりやすので読みやすく理解しやすい内容になってます!とにかく!読んでみて実行するのは…あなた次第!

民間のマスコミは食品業界のスポンサーがらみがあるので難しいと思います。NHKさんにぜひ特集をくんでもらいたいです。

アトピーの方は読んで損のない内容です。

リーキーガットのチェックリスト

  • 食物アレルギーがある
  • 体に慢性的な炎症がある
  • 小麦系の食事が大好き
  • 甘いものを毎日食べないと落ち着かない
  • 潔癖症で完璧主義だ
  • メンタルのアップダウンが激しい

食物アレルギーがある方は特に要注意

「腸もれ」では非常に多くの病気が引き起こされますが、その中でももっとも代表的な疾患が、食物アレルギーです。
引用:「腸もれ」があなたを壊す!藤田医師

私は腸ケアをしてからアレルギーの数値IgEが正常値になりました。

もちろん腸だけでなく、他の臓器も元気になったことも一因だと思いますが、体質が変わるということを教えてくれたのが腸ケアだったことは確かです。

だからこそ今でも腸ケアはず~~~~っと続けてます。

リーキーガット対策として現在も取り組んでること

スーパーヒーロー「短鎖脂肪酸」

リーキーガットの対策には、

  • 小麦グルテンや糖分を控える
  • 食品添加物や農薬の摂取を減らす
  • 抗生物質の乱用を避ける

一番効果的なのが「短鎖脂肪酸」を摂取すること!

腸をよみがえらせてくれるスーパーヒーローのような物質こそが「短鎖脂肪酸」です。
引用:「腸もれ」があなたを壊す!藤田医師

はーい、私のブログを読んでる方ならお馴染みの「短鎖脂肪酸」です。

短鎖脂肪酸は抗炎症作用に優れ、とくに粘膜の荒れを防いだり、粘膜を保護した入りするのに力を発揮することがわかっています。
引用:「腸もれ」があなたを壊す!藤田医師

初めて聞いた方は是非こちらの記事を読んでみてください。

標準治療で治らなかった私のアトピー3年目の快進撃

短鎖脂肪酸を増やしてくれるのが腸内細菌の大好物・食物繊維

食物繊維といえば、生絞りの人参ジュースで効果が感じれなかった私にもベストヒットした酵素青汁。

酵素青汁と出会ったことで体の痒みが激減した話

アトピー改善の大きな一歩になった取り組み=リーキーガットにも有効な取り組みでした。

とはいえ、自分の腸を直接みることは出来ないので、実際どれくらい穴があって、今はどれくらい改善されてるのか、わからないですけどね^^;

ただ、入院するほどの重症アトピーがすっかり治り、メンタルにも影響あったので、今でも最優先事項でっす。

ちなみに短鎖脂肪酸を摂取するならおすすめは乳酸菌革命

1カ月3000円以下で継続できる乳酸菌の中ではピカイチ。

16種類の乳酸菌が、1日たった2粒で、1,000億個とれます。
もちろん短鎖脂肪酸も含有。

乳酸菌はかなりの商品数をみてきましたが、ここまでのはなかなかないっす。

  • 1袋でヨーグルト300個分相当(3兆個の乳酸菌)
  • ビフィズス菌/ラブレ菌/ガセリ菌の16種混合
  • 販売実績100万個(リピート率98.6%)

※公式サイト以外からのご購入は全て転売となり、商品の品質、安全性、賞味期限等は保証されていません。
購入時は公式サイトをおススメします。公式サイトなら送料も無料だよん。

定期購買も縛りなしでネットでワンクリック解約できるのでご安心あれ♪

公式サイト 乳酸菌革命

まとめ

リーキーガットに関しては諸説ありますし、これからも新説が出るんじゃないかな~と思ってます。

より詳しく知りたい方は是非藤田先生の著書を読んでみてください~

たまねぎとお酢のレシピとか、食事の話がもっと詳しく知れます!


\応援お願いします/
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

【努力は不要】最初にやるべき事3つ

最初に土台を作ると、同じ治療でも効果が違います。
治療の効果を感じられず悩んでる方は、ご一読ください。読んで損のない内容です。

【腸内環境】

短鎖脂肪酸の力

【SOD酵素】

酵素青汁の底力 

【飲用水】

飲用水を軽視しない