何をしても治らない時読んでほしい

『副腎疲労の対策は何かされてましたか?』

本日のQA

アトピーの原因に副腎疲労があると本で読み、その症状が当てはまることだらけでした。
以来、ビタミンCの摂取を継続的にしてるのですが、ストレスを感じやすい性格のせいか、あまり体に変化を感じません。

ぽぽさんは、副腎疲労の対策を何かされていましたか?

ビタミンC摂取ではないのですが、副腎疲労対策してましたし、今も副腎が疲れすぎないように意識的に過ごしてます。

さくっとまとめるつもりが、、またまた長ーくなりましたw

お時間あるときにどうぞ。

副腎疲労とは?

副腎って昔は何の働きをしてるかよくわからない小さい臓器だったんだって!

しかーし、今は体内で重要なホルモン(副腎皮質ホルモンやコルチゾール)を生成し、ストレスによる体や心へのダメージを抑制することがわかっています。

副腎がオーバーワークしてる状態が続くと、ストレスに弱くなり、心身に様々な不調が現れます。
アメリカではすでに”万病の元”として認知され、治療の対象になってるそう。

詳しく知りたい方は本間良子先生のこちらの本を読んでみてください。わかりやすくまとめられてます。

副腎疲労のサイン、唇のシミ

副腎が疲弊すると、しょっぱいものを欲するようになります。そして昼食後に我慢できないような眠気。
コーヒーを飲まないと仕事にならない状態になったら要注意です。

そのくせ夜は寝つきが悪く、睡眠の質が悪いため、朝の目覚めが最悪の低血圧。

症状が悪化すると、免疫低下によるアレルギー症状やマイナス思考、いくら寝ても疲れがとれなくなります。

  • 朝が辛くておきれない
  • しっかり睡眠をとっても疲れがとれない
  • しょっぱいものを無性にたべたくなる
  • カフェインをとらないと頭が働かない
  • 失敗や後悔の念が強い
  • 性欲がない

そしてアトピーさんに多い、唇の点々としたホクロのようなシミ。
これも副腎疲労の方に現れやすい症状です(私もあります)。

副腎疲労になりやすい人

胃弱で消化力が弱く、腸にも問題(便秘等)がある方です。もうアトピーの方ドンピシャですよね。

副腎からは様々なストレスから身を守るための『コルチゾール』というホルモンを分泌しているのですが、ストレスが多すぎるとこのコルチゾールを大量に消費してしまい、副腎疲労を引き起こします。

つまり、24時間気が狂うような痒みに悩まされてる重症アトピーさんとは切っても切り離せない問題なのです。

①副腎ケアは腸の炎症を抑えることから

副腎ケアをするには腸の炎症を抑えることがまず最初の第一ステップです。

「え?腸??」と思われる方もいるかもしれませんが、副腎疲労の問題を抱えてる方のほとんどは、腸にトラブルを抱えてることがわかっています。

腸トラブルといえばアトピーさん。
やっぱりここなんですよね…私も結局ボトルネックになってるのが腸でしたから。

標準治療で治らなかった私のアトピー3年目の快進撃

腸の壁や粘膜に炎症があるとコルチゾールが大量浪費されます。

本来なら体を守るために使われるはずのコルチゾールが腸の炎症に浪費されるため、副腎はオーバーワークし、不定愁訴と呼ばれる不調が心身にあらわれちゃうのだ。

だから何をやっても効果を感じられない方、今一度、腸を見直してみてください。

以前の記事でも書きましたが、私が乳酸菌をいまだに色々な商品試してるのは、腸が元気になってから人生変わったといってもいいくらい生活の質が上がったから。

腸が元気になってから他のアトピー対策もぐんぐん成果がでるようになったのだ。

ちなみに私のおススメは、乳酸菌革命

今の1日2粒継続してます

16種類の乳酸菌が、1日たった2粒で、1,000億個とれます。
もちろん短鎖脂肪酸も含有。

乳酸菌はかなりの商品数をみてきましたが、ここまでのはなかなかないっす。

  • 1袋でヨーグルト300個分相当(3兆個の乳酸菌)
  • ビフィズス菌/ラブレ菌/ガセリ菌の16種混合
  • 販売実績100万個(リピート率98.6%)

価格も、公式サイトなら送料無料で1カ月2750円なので継続しやすいのも魅力の一つ。
※私が選ぶ基準は3000円以下

あと初回はルイボスティーもおまけで貰えるよw

公式サイト 乳酸菌革命

②腸の次に大切なのが肝臓の解毒

肝臓も副腎疲労に関与しています。

解毒しなければならない物質(添加物や化学薬品等)が体内に取り込まれるほど、肝臓は疲弊し炎症を起こします。この炎症を抑えるために駆り出されるのがコルチゾール。

繰り返しになりますが、コルチゾールが消費されると副腎はオーバーワークで疲弊します。

なので、いくら副腎疲労対策をしていても、コンビニ弁当や外食ばかりでは、腸も汚れ、肝臓が疲れるばかり。

ポイントは、食物繊維をたっぷりの野菜中心の食生活を送ること。
仕事等で食事コントロールが難しければ、酵素青汁の力を借りるのも手です。

自力で頑張りすぎず、楽に手抜きできることは手を抜く。
闘病中、6割の力で生活できる方法を見つけるようにしてから、治癒のスピードは明らかに早まりました。

頑張りすぎると自分で自分を痛めつけてしまいます。完璧主義の方、要注意。

本物の酵素青汁と出会ったことで体の痒みが激減した話

③副腎の働きを助けるビタミンC

副腎では、大量のビタミンCが消費されています(ホルモンを生成する時の材料)。

ストレスが多い生活だと、副腎がビタミンCを先に消耗するので、他の臓器へ回る分が減り、その結果、白内障や皮膚や粘膜にトラブルやシミが多くなります(唇のシミもそのせいかなーと思ってます)。

私も色素沈着を治すためにビタミンCを飲み始めたら、寝起きが楽になるという相乗効果を体感しました。
アトピーに限らず、HSP体質の方は、ストレスを感じやすいので、ビタミンCの摂取は有効だと思います。

【HSP体質】アトピー発症の原因はストレス?過去を紐解いてみた

しかーし、いくらビタミンCを摂取しても、栄養を吸収する腸の土台が出来てなければ、吸収されないのです。めちゃ勿体ない。

まずは腸を綺麗にしよう

腸内環境を改善し炎症を減らす、腸に負担をかけるような食品の摂取を控える、それだけでも副腎疲労の症状が治まったというケースも報告されています。

腎臓やら肝臓やら副腎の本を色々読みましたが、結局は「腸」の話に戻ってくるので、やっぱ「腸」なんだなぁ、と。

なので色々対策してるけど、いまいち効果を感じれない方、是非「腸」を~見直して~みてください~
それが私が今でも継続してる副腎疲労対策です。

公式サイト 乳酸菌革命

まとめ

以上が私の副腎疲労対策です。

お金があれば、色々飲んだりしたらいいと思うのですが、それはそれで疲れちゃうので、私はなるべくシンプルに腸にだけお金かけてます。
乳酸菌で3~4日で流れちゃうから飲み続けるしかないってのもあるんだけどw

そんな感じー!


\応援お願いします/
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

【努力は不要】最初にやるべき事3つ

最初に土台を作ると、同じ治療でも効果が違います。
治療の効果を感じられず悩んでる方は、ご一読ください。読んで損のない内容です。

【腸内環境】

短鎖脂肪酸の力

【SOD酵素】

酵素青汁の底力 

【飲用水】

飲用水を軽視しない