何をしても治らない時読んでほしい

QA『ご家族はアトピー治療に協力的でしたか?』

本日のQA

幼少期からアトピーで、ステロイドでどうにかごまかしながら生活してきたのですが、大学生の時に大爆発しました。

以来、脱ステをしたり、我慢できずステロイドに戻ったりを繰り返しています。

アトピー治療に専念したいのですが、一緒に暮らしてる家族が協力してくれず、食事や洗剤等を変えることが出来ずストレスになっています。

ぽぽさんは、色々試してたようですが、ご家族の反対等なかったのでしょうか?

家族の反対はありました

家族の反対ありましたよ~

まずナチュラルクリニック21の入院もそうです。闘病3年目に入院したのですが、実は2年目に大リバウンドした際に、一度検討してたんです。

でも家族から反対されました。
私自身も行ったこともない高山で一人で入院生活を送る覚悟が出来てなかったので、揉めるというほどのことなく、見送りになったのですが^^;

特に私は、自然療法にこだわってたので、両親は「医者に診てもらいなさい」とず~~~~っといわれてました。

家族だからこその心配、なんですけど、家族だからこそ、ストレス。

当時のことを家族に聞いてみた

反対した家族から「ナチュラルクリニック21への入院を反対したこと、悪かったと思ってる」と言われたことがあります。

私的には、自分でやりきってもうダメだと観念して入院にした3年目だからこそ、あの学びと成果だったと思ってるので、むしろ反対してくれてよかったと思ってるんですけどね。

なんでも早ければいいってわけではなく、タイミングってあります。

しかーし、反対した理由を知った時はショックでした。なんと~

「入院するほどひどいと思ってなかったんだよね…」

えーーーーーーー!!!!

私、24時間逃げることのできない体の痛みに死ぬことを考えるほど、追い詰められてたんですけど(›´ω`‹ )

結局、痛みや辛さは自分にしかわからないんだなぁと。
だからこそ、最終的には、自分のことは自分で決断して、やるしかないんだす。

家族の協力を求めすぎない

食事や掃除・洗濯などの日常的な身の回りのお世話を家族がしてくれたらめちゃくちゃ助かります。そのエネルギーを体の回復にまわせるので、アトピー治療には追い風になるでしょう。

しかーし、家族の協力がないからといって、イライラしていては、自分の善玉菌が死にゆくだけ。

他人は自分の思い通りにいかなくて当然。なのでこうしてほしいという思いが強くなればなるとどストレスが溜まります。

私も思ってました。こんなに体が痛くて、眠れなくて苦しんでるのに、なぜ助けてくれないの?と。

でも家族の立場に立てば、一人ひとりやるべきタスクがあり、私の都合ばかりに合わせて動けるわけないんですよね。

私も仕事復帰して、外の社会で働くようになると、夜にはクッタクタです。
毎日働いて疲れて帰宅して、「〇〇やってほしい」と一日寝てた人に言われたら嫌って思っちゃいます(笑)

他人軸で生きるってそういうことです。助けてくれない家族にイライラし、頼み事ばかりされる家族もイライラする。THE負の連鎖。

このことに気づいたのも入院生活です。
アトピーが治らない患者さんたち、文句ばっかりいってたからw

それを見て、「あ~これ、私だ」って思ったんですよね。
で、退院してからは自分の力で負担なく取り入れる方法にしたんです。

乳酸菌しかり、酵素青汁しかり、飲用水しかり。どれも手軽なので楽勝。一人で出来ちゃいますよね。

アトピー治療は、こうあるべき、みたいなこだわりを捨てました。

100%完璧じゃなくて良いから、自分で出来る事から取りくんで、1日も早く元気になる。
これが自分にとっても家族にとってもHappyなやり方だと思います。

そんな感じー!


\応援お願いします/
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

【努力は不要】最初にやるべき事3つ

最初に土台を作ると、同じ治療でも効果が違います。
治療の効果を感じられず悩んでる方は、ご一読ください。読んで損のない内容です。

【腸内環境】

短鎖脂肪酸の力

【SOD酵素】

酵素青汁の底力 

【飲用水】

飲用水を軽視しない