何をしても治らない時読んでほしい

何をしても治らないが治るかもしれないに変わった水との出会い

飲用水?
そう思う方もいると思う。

だって私がそうだったから。

飲用水はめちゃくそ大切です。
口から入れる食べ物は気にしてるのに、毎日飲む飲用水を気にしてない方。

めっさ損してます。
努力せずに変えれる所から取り入れていく。重症アトピーさんの鉄板ルールです。

軟水器・浄水器を使っても効果なしだった過去

私は入浴する度に悪化していたので、闘病当初はとにかく「お風呂の水」にこだわっていました。
水を柔らかくする軟水器、水道水の重金属も除去する浄水器、総額20万以上は費やしたもののどれもそれほど大きな変化をもらたすことはありませんでした。

※目に見えて効果があったのは塩素除去のみ

とある個人の体験ブログと出会う

当時の私の情報源は「ネット」
今の私のようにブログで情報を発信してくれてる個人の体験談こそが全て。

自分と同じように「水」で悪化してる人はいないだろうか…と調べるうちにある社長さんのブログにたどり着いたのです。

その方はアトピー持ちで、会社経営のストレスからアトピーが悪化し、仕事を継続するのも難しい状態になったそう。
何を試してもだめで、そんな中たまたま知り合いから勧められた天然水を飲むようになってから1か月、2か月と経過するうにとアトピーの炎症が収まり、今はすっかり治ってしまった、とのことでした。

入浴のお湯にばかり意識を向けていた私には衝撃でした。まさかの飲用水とは。

残念ながらそのブログには商品名が記載されていなかったのですが

  • 九州産
  • アルカリ水
  • ミネラル豊富

であることだけはわかりました。

水で生成されている人間の体

人間の体は、胎児で体重の約90パーセント、子どもで約70パーセント、成人では約60〜65パーセントが水で満たされています。

食べ物が体を作る、の精神でオイシックスを利用し、厳格な玄米菜食にも取り組んできた。
でも飲用水は?考えたことがなかった。

体の大半を蘇生する水を変えたら、体も変わるかもしれない。
藁にも縋る思いで、アトピーによさそうな飲用水を探しました。

シリカ水(ケイ素水)との出会い

そこで出会ったのが強アルカリのシリカ水(ケイ素水)。
これがまさに私にとって運命の水となりました。

完治して5年経過してますが、今でも愛用してます。

霧島連山の天然シリカ水

長らく水溶性濃縮珪素 (umoやレクステラ)を飲用していたのですが、東京医科歯科大学の名誉教授・藤田紘一郎医師の著書「体をつくる水、壊す水」を読んでから宮崎県・霧島山の天然水である『飲むシリカ』に切り替えました。

飲むシリカの詳細を見る

シリカ(ケイ素)はとにかく良い。
体感できるくらい体が変わります。

冒頭で紹介した社長のことがよーーーくわかる体験を私もしました。
それもそのはず、ケイ素は、肌・髪・爪などを構成してる成分。

どこもアトピーが悪化すると肌と一緒にボロボロになる場所ですよね。
当時の私は、抜け毛に枝毛、そして爪はガタガタ。

傍からみたら、不潔感ハンパない女子であることは自分でもよくわかっていたので、人と話す時も目を合わせて上手く話せなくなってました。

似たような悩みを持ってる方!大丈夫ですよ!
シリカ(ケイ素)は飲用で外側から補えますから!

完治から5年経過してますが、おかげ様で発症前より肌がきれいになったと言われるほど回復しました💛

そしてもう一つ忘れてはならないのが、アトピーの痒みの原因となってるドロドロの血液。
アトピーの患部を臭ってみてほしい、臭くはないでしょうか?

これは、本来なら便や尿、汗で排出されるはずの老廃物が血液にのって全身を回って皮膚から痒みとして出てきてる状態。

アトピーさんの血液をカッピングで吸い出し、触ると刺激を感じるほどだと言われています。
なのでカッピングで血を抜くと一時的ですが、痒みが楽になるんですよね…

東洋医学では悪血と言われ、関節やリンパの集まる膝裏や鼠径部に溜まります。

まさにアトピーで痒くなる場所!

ではなぜ、皮膚から出る人と、体内で処理できる人がいるのか?
それは、生まれ持った臓器の強さは人それぞれ差があるから。

100の人もいれば、生まれながら60の人もいます。

自分だけの努力ではどうしようもない体の機能差なのです。
だからこそ同じものを食べても、結果が違う。

決して、あなたの生活習慣のせいだけではありません。

なぜ『飲むシリカ』がおすすめなのか

他のシリカ水ではなく、『飲むシリカ』をおススメする理由。

それはシリカだけでなく、マグネシウムやカルシウムといった他のミネラル構成比も黄金比と言われるほど理想の数値だから。

その結果、飲むシリカには以下の働きがあることが分かっています。

  • 活性酸素除去
  • 食品添加物・重金属などの有害物質の排出作用
  • 腸内環境を整える
  • コラーゲンやヒアロルン酸を結びつける

まさに奇跡のミネラルウォーター。
アトピーさんにはこれ以上ない水なんです。

ちなみに藤田医師は、「水が体に与える影響」を“45年”かけて、“世界70カ国”をまわって調べた水博士。
そんな医師に「こんな天然水は見たことがない!」と言わしめた水が、宮崎県・霧島山の天然水である『飲むシリカ』だったんです。

そんな天然水が日本にあって私達はラッキーです。
詳細を知りたい方は、是非先生の著書を読んでみてください。

サブタイトルにもある通り「水飲み”腸”健康法」。


数えきれない程、繰り返しよみましたw

アレルギーの要である”腸”にも関係してくるのが飲用水なんです。

乳酸菌もそうですが、私が取り入れる際は必ず医師の臨床情報がある商品だけにしてます。

それだけでも怪しいアトピービジネスから身を守れるよ。

購入はネットで誰でも買えます。
但し、近年藤田医師の写真を使った偽物が出回るようになっているので注意してください。

私は公式サイトからしか購入しません(amazonや楽天も利用しません)
しかも公式サイトにはamazonや楽天にない送料無料&20%オフ制度があるのだ💛

公式サイト 霧島山の天然水・飲むシリカ

継続する上でかなり費用差がでるよん。

欠点はゴミが大量に出ること。
私が暮らすエリアはペットボトル回収が月1なのでそれなりの量になります^^;

が、アトピーが治ることを思えば些細なことっす。

定期購入しかないのですが、1回の購入のみで停止することも可能なのでご安心ください。
購入量を減らすのも、停止するのも、どちらもしたことありますが、面倒なトラブルは過去一度もなっし。

💛購入もWebから可能です
(公式サイトの画面一番下)
飲むしりかWeb注文画面

 

私みたいに何をやっても治らない…とくじけそうになってる方は是非飲用水も見直してみてください。

水なんて毎日飲むものだし、高い買いものではないですから。

何気なく外出時に購入してるペットボトルがこのシリカ水に代わるだけ。

1か月2か月と継続していくうちに、皮膚だけでなく、髪の毛や爪まで変わっていきました。
飲用水だから全身に効果がでます。

正直いうと、今の2倍の値段でも私は買いますね。

但し、薬ではないので、飲んですぐどうこうなるものではないことは、理解しておいてください。
だから1日2日で効果がないと継続できな人には全くお勧めしません。お金の無駄。

アトピーが治るかはあなた次第

闘病が長引くと自分がしてきた治療法を否定するのが何よりも辛くなります。私もそうでした。
だけど過去に執着していてはいつまでも治りません。

やり方を変えるには勇気も決断力も必要になります。

一年後の同じ季節。
もし、体の状態が、今と変わらないままだったら。

突きつけられる現実は、地獄のような闘病生活をもう1年過ごすか、副作用の強い薬で症状を抑える日々に戻るか。

闘病が長引けば長引くほど、現実は悲惨です。

努力している人が報われない。必死でやっていても治らない。
そんな現実があること。

当時の私は、アトピーが治るなら死んでもいいと思っていました。

死ぬ前に出来ることはなんでも試そうの精神で、東京から遠く離れた病院にも入院しました。
そしてその病院で大きな気づき(自分と同じ重症患者が抱える体質)を得て治ったんです。

まとめ

繰り返しになりますが、人間の体は、胎児で体重の約90パーセント、子どもで約70パーセント、成人では約60〜65パーセントが水で満たされています。

そのことに気づけず、私は随分遠回りしてしまいました。
日常的に口にしてるもの、肌につけてるもの、治療が長引いてる時はもう一度疑ってみてください。

誤解のないよう、私のやり方が万人に効果があるとは思っていません。
ただ、私が個人の体験ブログに救われたように、私の体験談が誰かの奇跡のきっかけになればと思います。

長引く闘病は、月日の感覚を麻痺させます。
そんな時こそ、1日早く始めれば1日早く効果が期待できることを忘れないでください。

痛みや痒みのない体こそが本来のあなたの姿なのだから。

公式サイト 霧島山の天然水・飲むシリカ
※公式サイトの画面一番下にWeb注文の入力画面があります。
飲むしりかWeb注文画面


\応援お願いします/
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

【努力は不要】最初にやるべき事3つ

最初に土台を作ると、同じ治療でも効果が違います。
治療の効果を感じられず悩んでる方は、ご一読ください。読んで損のない内容です。

【腸内環境】

短鎖脂肪酸の力

【SOD酵素】

酵素青汁の底力 

【飲用水】

飲用水を軽視しない