食事療法が上手くいかない時読んでほしい

食物繊維やミネラル、鉄分も豊富なオートミールクッキーをめっちゃ簡単に作る方法

アトピーさんは甘いもの好きです。
基本的に甘いものは体を緩める陰性なので、ストレスを感じると欲する食べ物。

24時間痒みや不快感と戦ってるアトピーさんが欲するのも仕方なし>_<
もちろんある程度セーブすることは必要ですが、どーしても食べたい!って時におススメなのが、食物繊維豊富なオートミールを使ったクッキーです。

先日紹介した腸カンジタ対策にも有効なココナツオイルも使うのですが、めっちゃ簡単です。

オートミールとは

  • 食物繊維が豊富
  • ミネラル豊富(カルシウム・鉄分・ビタミンB1.2)
  • 低GI食品(食後の血糖値の上昇が緩やか)

便秘解消、栄養素の補完、急激な血糖値の上昇による痒み防止などアトピーさんにはぴったりな食材です。

オートミールクッキーの作り方

マクロビの教室で習ったのをさらに簡素化したクッキーです。
特徴は分量がざっくりでも失敗しないことw

なので、きっちり分量を測って、ちゃんと作りたい方には不向きです~

材料

粉類

  • オートミール 100g
  • 米粉 70g
  • てんさい糖(メープルシロップやはちみつ可)30g
  • アーモンド(あれば)適量
  • 自然塩 ひとつまみ

液体類

  • ココナツオイル 40g
  • 豆乳(または牛乳)50g

手順

  • STEP.1
    ①粉類をボールで全部混ぜる

     

     

  • STEP.2
    ②ココナツオイルと豆乳を混ぜ合わせてからボールにだだだ~と入れる

    ベラでざっくり混ぜます。

    • 生地が柔らかすぎる場合・・・・米粉を追加
    • 生地が硬すぎる場合・・・・豆乳を追加 

    難しく考えすぎず、それっぽい生地になればOK。
    生で食べれる素材ばかりなので、この時点で味見して甘みが物足りなければ、てんさい糖を足しましょう。

     

  • STEP.3
    ③混ぜてオーブンシートに乗せる

    成型不要。厚さは均等に伸ばしましょう。

     

  • STEP.4
    ④200度20分焼く(焼き足りなければ5分追加)

     

    習ったレシピは余熱ありの180度20分だったのですが、熱々のオーブンに入れて火傷して以来、余熱なしの200度20分で焼いてます。
    問題なくサクサクに仕上がるのでお好きなやり方でどうぞ~

     

  • STEP.5
    ⑤包丁で適度な大きなにカットしておしまい!
     

    保管はタッパー等でどうぞ。

    ココナツオイルの甘い香りがたまりません♡♡

     

唯一のポイント

唯一守って欲しいポイントは粉類は粉で全部混ぜてから、液体は液体で全部混ぜてから、お互いをがっちゃんこすること。

そうすることで、生地が均等にまざり、オイルコーティングされるのでサクサクに仕上がります。

オートミールクッキーの注意点

注意点は、「食べすぎないこと」
美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいますw

市販のお菓子より体に優しいですが、糖分とりすぎに気をつけましょう。

お菓子を自作することの意味

クッキーってこんなに砂糖使ってるの!!
え!こんなにオイルって入ってるの??!

今回のオートミールクッキーに限らず、手作りスイーツを作ると砂糖とオイルの量に驚くこと間違いなし。
市販のお菓子にどれだけのものが使われてるかわかったら、お菓子を食べることがアトピーさんになぜよくないかが一発で分かります。

白砂糖、ショートニング、マーガリン、、、、一度のお菓子タイムでの摂取量を理解する上でも、手作りクッキーを一度作ってみることをおススメします。

今回使用した材料

オートミールは色々買って試したのですが、ここのは柔らかく噛みやすいので消化力の弱いアトピーさんにおススメ。
災害時の保存食にもなるので常にストックしてます。この4袋セットが一番安いよん。

オートミールで花粉症を克服

余談ですが、兄は朝食をオートーミールにしたことで、便秘が解消され、花粉症が治りました。
おかげで年中山登りを楽しんでます。

あとプロテインも良かったっていってたんだけど、あまり詳しくは聞いてないので、次回会った時にでも聞いてみます~

やっぱ腸は免疫に大切ですね。
便秘解消にもどうぞ!

 

\応援お願いします/
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

【努力は不要】最初にやるべき事3つ

最初に土台を作ると、同じ治療でも効果が違います。
治療の効果を感じられず悩んでる方は、ご一読ください。読んで損のない内容です。