何をしても治らない時読んで欲しい

アトピー主婦の蚊対策、薬品を使いたくない方でも安心な方法【就寝時】

「ぷぅ~~~~~~ん………ぷ…ぷ~~~~ん」

あの蚊、独特の羽音の嫌なこと!!!!
噛まれる前から音を聞いただけで痒くなりそうになります。

梅雨入りしたこの時期からどこから入って来たのか毎年悩まされる蚊。
蚊取り線香を使えばいいのでしょうが、アトピー持ちの私にとっては化学薬品の影響が気になる所。

しかしながら、その悩みは友人のアドバイスで簡単に解決しましたー!
今では毎晩快眠、蚊に悩まされることはありません。

ティーツリーオイルとアロマ器

「あぁアロマね~~~それなら知ってるわ…」と思ったあなた!!

アロマはアロマでも、選ぶ精油とアロマ器によって、効果も続けやすさも全然違いますからー!

アロマの選び方と我が家で大活躍中の水が不要なアロマ器をご紹介します。

オーストラリア産 ティーツリーピュアオイル 

これこれー!このティーツリーに変えてから蚊の撃退っぷりが激変しました。

  • フトモモ科のティートゥリーの葉から水蒸気蒸留法で抽出したエッセンシャルオイル
  • ティーツリーの持つ効果を最大限引き出すため、殺虫剤を使用せずに栽培、収穫
  • 刺激臭や炎症を起こしやすい1.8-シネオールとパラシメンの含有量は2%以下
    (パラシメンの含有量が多い程劣化している)

精油は、収穫された場所、生成方法によってその効果は大きく異なります。
例え同じ場所であっても収穫された年によっても差異がある位。

だから目的に合わせてオイルを購入することが大切。

このオイルは大容量なので、1本でひと夏は余裕で持つし、余った分は掃除にも使えるしで、我が家の常備アロマです。

水なしで使えるコンセント型アロマ器

アロマといえば、水を入れて散布するディフューザータイプをイメージする方が多いと思います。
無印良品等で販売されてるのがそうですね。

私も最初に購入したのが超音波式のアロマディフューザーでした。
しかーし、このタイプを使用すると、ただでさえ蒸し暑い夏の夜に、不要な湿度がUPします^^;

アトピーさんは、腎が弱い方が多いので余分な「湿」は大敵。
コンセント型のアロマ器を使用することで、解決できます。

 

使い方もとても簡単。

数滴お皿(上部の窪み)に垂らして、スイッチを入れるだけ。朝までほどよくティーツリーの香りが部屋中に広がります。

ディフューザーのように容器に水を毎晩追加で入れる必要もないし、めちゃんこ楽です。

朝になったら、スイッチをオフするだけ。床に置いてないので掃除の時にも邪魔になりません。

我が家は、食事をするダイニングと寝室にそれぞれ1つずつ設置してます。

コンセント型アロマ器のデメリット

画像を見ての通り、ほのかな灯りがつくので、真っ暗でないと寝れない人にはNGです。

蚊取り線香の方が効果は高い?

効果は高いと思います、だって薬品ですもん。
私も外でキャンプするとなったら絶対蚊取り線香を持参します。

でも就寝時、寝てる間吸う息に含まれる成分だとしたら?
私は、ティーツリーを選びます。

しかも、使用頻度は毎日。
ただでさえデトックスが下手くそなアトピー体質としては、不要な薬品は吸い込みたくありません。

この時吸い込んだ薬品が、冬のリバウンドのきっかけになるかもしれないのです。

アトピー持ちの方の蚊対策は自然派が安心

私が子供の頃はアロマなんて言葉聞いたことがなかったですが、今は便利にオーストラリア産の高品質な精油をネットで購入できます。

体に出来るだけ負担をかけず、蚊対策して、快適な夏の夜をむかえましょう。 

見た目もかわいいので、インテリアとしてもいいですよ♪

>>アトピー・敏感肌の衣替え、天然ハーブで防虫する超簡単な方法

 

\応援お願いします/
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ

【努力は不要】最初にやるべき事3つ

最初に土台を作ると、同じ治療でも効果が違います。
治療の効果を感じられず悩んでる方は、ご一読ください。読んで損のない内容です。