治療で行き詰った時に読んで欲しい記事

アトピーは感染症か?抗生剤服用で気づいた治癒と悪化を繰り返す際の対処法

▼今回は大学病院に緊急入院することになった記事の続きです。

アトピーに効くらしい寄生虫除去サプリを試してみた→入院騒ぎに。

大学病院から退院後におきた不思議な現象

注意
完治のきかっけになったナチュラルクリニック21ではなく、近所の大学病院からの退院後の話です。

さて、入院したことで例のサプリが禁止になった我が家。
自宅に帰ると、押し入れにサプリが仕舞われてました(当然ですよね。。)

普段は薬きらいな私もさすがに家族に迷惑をかけたので、病院からもらった抗生剤を大人しく飲むこと数日。

「あれ?アトピー治ってきてない??」

そうなんです、なんと アトピーが目に見えて治ってきたんです。
特に上半身、ひつこかった腕の関節のところですね。ぱらぱら~と乾いていくようになおったんです。

なんで????

この時まで私はアトピーとは体の中で処理しきれなかった老廃物を出す行為=体の中をきれいにしないと治らないと思い込んで日々、体を作る食事、経皮毒になる洗剤と気を配ってきたのです。

それが、抗生物質で治ってくるってどゆこと???

成人型アトピーに抗生物質がなぜ効くか

アトピーって最初は内側にたまってたものが肌に湿疹として出て来るのが始まりですよね。

そこを繰り返し掻くことで皮膚が弱り、黄色ぶとう球菌の活動が活発になります。

私の場合は、この黄色ぶとう球菌の活動が活発になったことで周りの乾燥した肌にとびひのように感染してかゆかゆが広がっていった状態だったのではないか、と。

では抗生物質を飲みおわったあとは?

また元に戻りました。

で、入院した病院の退院後診察でまた抗生剤を処方され、飲み始めたらまた治りましたw

これって、ずっと抗生物質のんでたらいつか治るってこと???

以前どこかのブログで、ヘルペスがアトピー悪化のトリガーになってるケースがあるという情報をみたことがあったんですね。

その方は、ヘルペスの薬を飲むことで、アトピー悪化をコントロールしてるそうで、そのケースと自分の体に起きた状態がかぶりました。

私に必要なことって???

肌の衛生状態がよくないのは自分でもわかってました。

これ、お風呂に入ってないって意味ではなくて、、、起きてる間中ず~~~っと体のどこかを手で触っていたことを意味してます。

とにかく辞めれなかった癖です。

もう痒いとか関係なく、「痒いような気がする」という理由で、「あっちをさわさわ」「こっちをさわさわ」辞めれなかったんです。。

この癖が特にひどくなるのが、 入浴後

入浴の後って、バリバリに乾燥するので、それはも~どこを触っても、かさかさかさ~~かさかさかさ~、皮膚はスプリンクラーのように散っていく、散っていく(笑)

患部から全身に黄色ぐどう球菌を広げまくっていたわけです。

この行動原因は「不安感」でした。

いつ治るんだろう、ずっと治らなかったら??悪化してる??いや少しは良くなってるはず・・・ず~~~っとこんなことばっかり考えていました。

私の性格的な部分が大きいと思います。

なので、この触りぐせを辞めて、今の肌の表面的な衛生状態を整えれたら、解決口がみえてくるのかも、と思い始めたのです。

※皮膚の整菌について興味がある方はこちらの記事中で紹介している「 整菌スキンケア」をご参照ください。

アトピー洗い方|黄色ブドウ球菌はイソジン殺菌より整菌することで完治しました【シャンプー・石鹸】

湯治を検討する

特にひどくなるのが入浴後=お風呂を変えるというと湯治ですよね。

日本全国津々浦々調べました。

しかし結局湯治ではなく、ナチュラルクリニック21へ入院することを選んだのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です